市内グルグルうどん巡礼

 今日は、市内中心部の、うどん屋さん巡りです。
画像

 JRさぬきうどん駅は、高松北端。


 このあたりを、「サンポート」と言いまして、「シンボルタワー」は、地域最高層ビルです。
画像

 今日は、義理母と高松サンポートホールでの『桂ざこば落語会』を聴くのですが、2駅南の『琴電瓦町駅』から、うどん屋さん巡りをしながら、待ち合わせの会場に向かいます。



 瓦町駅から北に歩いて3分の『さぬき麺之介』。
画像




 うどんに超熱い店主。
画像




 注文を聞いてから、麺を切って茹ではじめます。
画像




 寒い日は、やっぱり「しっぽくうどん」です。
画像

 だしも、注文を聞いてから作り始めます。



 しばらく待って、できあがり。
画像

 県外の方大うけの、超剛麺しっぽくうどん。

 これが、冷やしぶっかけだったら、アゴが疲れます。




 南新町商店街を歩いて、
画像




 テレビチャンピョンで有名になったらしい『たも屋』に。
画像

 市内に姉妹店が数店あります。


 ここは、自分でチャッチャッするセルフ店。
画像




 かけうどんを食べましょう。
画像




 レバーを倒して、だしをかけます。
画像




 ねぎや天かす、わかめ、大根おろし等、入れ放題の薬味。
画像




 荒い、細かい、2種の天かすを入れて、かけうどん完成。
画像




 う~ん、柔らかいけど、しっかりな麺。
画像

 標準的な、さぬきうどんは、これかな~。



 北に向かって歩く~。

 行ったことないけど、おいしいらしいスイーツのお店。
画像




 行ってみたい、お魚がおいしいと評判の居酒屋さん。
画像



 『綾人』
画像




 アーケードが新しい、丸亀町商店街。
画像



 どんどん北に進む。
画像

 


 戦火を逃れた、百十四銀行の旧本店。
画像




 商店街を抜け、片原町駅の向こうに、最強のうどん屋さんが。
画像




 ここでは、冷たい『ひやかけ』にしましょう。
画像




 おおーっ、見た目から、最強感あふれてます。
画像



 これは、おいしいにちがいない。
画像




 モッチモチのグッミグミ。
画像

 うま~い。 

 「最強のうどん」、看板にいつわりなし。



 店内掲示ポスター。
画像




 市内中心部から歩いて行ける、お勧めうどん店で~す。
画像
 



 まだまだ食べれますが、今夜は同窓会なので、爆飲みの支障にならぬよう、この辺でやめときます。


 高松城のお堀に架かる橋を眺めながら、サンポートホールに向かって歩く。
画像




 そして、義理母と会って『桂ざこば』で、大笑い。



 で、今度は南に歩き、通りすがりの、うどん屋さんを写しながら、今夜の同窓会へと向かう。

 JR高松駅にある『連絡船うどん』。
画像

 かつて、瀬戸大橋がなかったころの交通手段、連絡船のデッキで潮風に吹かれながら食べた、県人には懐かしい思い出の、うどんを再現している。

 のなら、うれしいのですが、なんか味が違うので、懐かしくないお店。


 
 琴電築港駅南方にある、『岡じま』。
画像

 新しいお店ですが、おいしいらしいですよ。



 兵庫町商店街。
画像



 ここに、川もないのに、橋があるのよ。
画像



 そして、商店街を歩く。


 茨城県にもある『はなまる』。
画像




 うどんとは、関係ないけど、ローカルテレビでよく紹介される漬物屋さん。
画像



 県内一有名かもな『さぬき麺業』。
画像

 興味ないので、行ったことありません。



 うどん市場。
画像

 既述、ここで食べた鶏天うどんが、乳びを発生して、献血できなかった~。



 鍋や、フライパンなどが、山盛りな調理器具屋さん。
画像

 ここだけ、難波の道具筋みたいでしょ。



 ライオン通りに入る。

画像



画像



 ほかにも、なんぼでもうどん屋さんがあるけど、写してもしゃあないので割愛。



 そして、瓦町駅まで帰ってきて、楽しい同窓会に。
画像

 大人の遠足の夜編です。



 よそってくれてるのは、かつて片思いだった、○美ちゃん。
画像



 よくできました。
画像





 楽しい一日でした。
画像


 これで、市内歩いて行けるうどん巡礼を、終わりまぁす。

 役に立たんうどんガイドでした~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2016年01月24日 23:42
いや~
役にたっております。

綾人はkeikeiさんが連れていってくださる予定のお店。
そして一件目のおうどん屋さんは
普通に見たらそれらしくない感じ。
茨城の私の感覚でいうと~ですよ。
ちょっとした料理やさんに見えますもの。

keikeiさんからいただいた本を読んでいると
こんなところにうおどんやさんが~な展開が多いようで
なんか勝手におうどん屋さんのイメージを作り上げている私なのでした(笑)

橋の紹介もありがとうございます。
相方さんに報告しておきますー♪

天気予報を見ていたら
なにやらkeikeiさんの方も雪の予報。

大丈夫ですか?
気をつけてくださいね。
雪道も寒さにも。
あ、お母さん家の雪かきもお願いしまーす!
2016年01月25日 00:15
グーコさん~
 こんばんは。
 来県されるグーコさんに向けての、市内歩いて行けるうどん店情報でした。
 四国新聞社裏の『松下』も、歩いて行ける名店です。

 同級生で、超うどん通のKzzoはんは、円座町の『上野製麺所』を、勧めてくれてます。

 具材マウンテンな、しっぽくうどんは、飛行場近くの『のぶや』。
 メニュー名は、「田舎うどん」と表記です。

 松下、上野製麺所、のぶや・・・、後日まとめて、レポートします。

 「おいしいです。」の、ひとことで終わっちゃうだろな~。
Camino
2016年01月25日 10:47
讃岐麺業は実は素晴らしいんやで
いっぺん行った方がええね(^o^)/
2016年01月27日 00:51
Caminoさん~
 「恐るべき・・・」には登場しない、あやしくない香川を代表するお店、『讃岐麺業』。

 おそるおそる、行ってみた方が、ええかね。
2016年01月28日 19:02
こんばんは☆

あやしくないお店には行かないのですか(笑)

そうそう
keikeiさん
多田 久保というおうどん屋さんは
美味しいのでしょうか。

何やら相方さんが
チャッチャするおうどん屋さんを探していて
見つけたらしく
どうなんだろうね~と言っていたもので。

ご存じでした教えてくださーい。。
2016年01月28日 20:57
グーコさん~
 こんばんは。
 針の穴場探求麺通団に傾倒してる私は、あやしいお店が大好き~。
 看板のないお店をめざし、道に迷ってたどり着いてすする一杯が、楽しい~のだ。

 『多田』も『久保』も、私の近所です。
 西の詫間、丸亀方面とは、反対の東方にあります。
 撮影に訪れる予定の、琴電学園通り駅「鉄橋」方面です。

 『多田』は、基本的な製麺所。
 農学部前駅から歩いて行けます。
 県道に面してる分かりやすいお店ですが、あやしい感はあります。
 自分でチャッチャはできません。
 http://tidoriasi.at.webry.info/201402/article_4.html
 この、記事じゃ何だかわからんですが、地元に愛されてるうどん屋さんです。

 『久保』は、歩いてはいけません。
 ナビが付きの自動車が必要です。
 ここも自分てチャッチャは、できなかったような。
 セルフ店ですが、一般店に近かったような気がします。
 「恐るべき~」には、登場しませんが、穴場店ではありますね。

 できだち麺に、醤油をかけるだけーみたいなお店を好む麺通団には、『久保』はきれいすぎますかね。

 詳しくは、うどん師匠の「Camino」氏に伺いたいところですが、コメントくれるかな~~?
2016年01月29日 06:36
おはようございます。

keikeiさんとご一緒させていただいた翌日
この多田と久保近辺を相方さんが撮影するようです。
撮影が第一なので
その撮影ポイントの近くでおうどん屋さんを検索して
このお店を見つけたようです。

いつものことなのですが
撮影するためなら
すごーく歩くんです。
久保がかなり遠いのでしたら
チャッチャ出来る違うお店を探してみようと思います♪

高松市内は本当にたくさんのお店があるのですね。
しかもどのお店も安くて
それこそ庶民の味方のおうどんで
羨ましい限りです。

え~
うどん師匠Caminoさん
コメントくださると嬉しいのですね♪
Camino
2016年01月31日 17:19
すみません放ったらかしで申し訳ありません。

チャッチャの最高峰はお昼ピークのうどん県庁隣接の「さか枝」です。行列に並び、いつになったら食るねん!と思ってもうどん県民のうどんを啜るスピードは世界一ですけんものの5分も待てば順番がやって来ます。最初に作法をお伝えすると「初めてのドキドキ感」がなくなるので敢えてお店の紹介だけです。
注文時のはこの店専用のプロトコルがあるので覚えて行ってくださいね。
小天:しょうてん:うどん小(1玉)に天ぷら1個
中天:ちゅうてん:うどん中(1.5玉)に天ぷら1個
大天:だいてん
小天天:しょうてんてん:うどん小に天ぷら2個
大天天天:だいてんてんてん:うどん大(2玉)に天ぷら3個
こんな感じです。

Camino
2016年01月31日 17:29
さぬき麺業
我が(keikeiさんも)高校大学の大先輩の香川社長は讃岐うどん界の重鎮で、松並店にはほぼ毎日出勤されています。
「寝ても覚めてもうどん!」この言葉通りの人かも。
事前申し込みでうどん打ち体験もできます。
http://www.sanukiudon.co.jp

また,綾川町は、讃岐うどん発祥の地として、道の駅に「うどん会館」があります。ここも、さぬき麺業系です。
もし、うどん打ち体験とかうどんの歴史説明を’聞きたければ事前に私までお願いします。支配人とは昵懇の仲なので
Camino
2016年01月31日 17:33
上野製麺所
オススメは素直にかけうどんです。
大将の真面目な人柄のにじみ出たキメの細かい麺に優しいダシ、そして安すぎる値段設定。
チキンカツ・舞茸天ぷら・ごぼうの天ぷらは特にオススメです。
私の名前を言っていただくと愛想はしてくれますが、後で私が行った時にお礼を言われるので是非言って下さい。
2016年01月31日 17:34
Caminoさん~
 コメントお待ち申しておりました。
 「さか枝」ええですね~。
 まちがいなくチャッチャの最高峰です。

 市内から歩いて行ける、「松下」、栗林駅からの「上原」、歩いて行けない「中西」、宇宙一のかけ出汁「前場」、美人のお姉さん「大島」・・・、チャッチャのうどん屋さんいろいろありますが、やっぱり、『さか枝』ですね。
Camino
2016年02月01日 13:44
中西は改装してからは駄目駄目だと思うのは僕だけかなあ(・・;)
こ綺麗な単なるセルフに堕ちてしまった感があるのですが~
2016年02月01日 17:31
Caminoさん~
 「中西」改装前と変わらぬおいしさだな~って、思いますけど・・・。
 って、そんなにここのお店行ってないので、よく分かってなかったりします~。
Camino
2016年02月02日 04:54
中西は改装してずっと行けてなかったのですが、1年程経ってやっと行けた時にかなり違和感えお覚え聞いたら、新装に合わせてダシを変えたそうな。Σ(・□・;)